病院による給与格差に愕然とする看護師たち

女性20代
総合病院の急性期病棟で5年勤務

4年制大学で看護師・保健師国家資格を取得後、総合病院の急性期病棟で5年勤務しましたが、現在は結婚し専業主婦をしています。

地域医療を支える場所

地域の医療を支える拠点病院で、勤務体系は病棟により異なり、私の病棟は3交代勤務でした。

勤務年数は

5年目になります。

給料格差がある

月22万円もらっていました。
実家暮らしのため家賃手当がなく、寒冷地手当などの諸手当も他の人より支給額が少なかったです。
また「仕事が終わらないのは自分の責任」という方針の病棟だったため、残業手当を申請することができませんでした。
そのため、同期でも他病棟の看護師とは給料格差がありました。

夜勤手当はいくらもらえるのか

月8日夜勤があり、月4万円程度になります。

貯金はバッチリ

奨学金の返済と実家にも生活費として月5万円入れていましたが、月10万円は貯金できていました。

給与の差に驚く

一般企業に就職した友人よりも給料が良く、看護師はいいなあとよく羨ましがられました。
金銭的に余裕があり、趣味が充実し、貯金もコンスタントにできたことには満足していますが、私立病院に就職した看護師の友人とは10万円程度の給料の差があり、同じ看護をしているのにも関わらず、病院によりこんなにも差があるのかと驚きました。

厳しい昇給の条件とは

3ヶ月毎に倫理観や看護技術などについての自己評価、師長と副師長による他者評価があった他、レポートの提出もあり、それを総合的に評価し勤勉率が算出され、次年度の昇給に繋がっていました。
離職率の高い病院だったため、最初は非正規雇用で、3年目以降も続ける意思がある場合は、試験を経て正規雇用をしてもらうことになっていました。

事前リサーチを

私の病院のように残業手当が暗黙の了解で申請できなかったり、他病院との給料格差は入ってから知る場合が多いので、知り合いなどに聞くなど、福利厚生がしっかりしているかどうかを入職前にしっかりとリサーチした方が良いと思います。